連携事業

日本サッカー協会

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、日本サッカー協会の関東レフェリーアカデミーに所属している審判員に対し、継続的な心理的サポートを提供いたします。

太陽化学株式会社

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、アーチェリー選手の心理的コンディショニングに対するテアニン摂取の有効性について検証いたします。

 

開成高等学校

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、開成高等学校の生徒の人間的な成長を目的とした「開成高等学校・スポーツ・リーダーズ・キャンプ」の実施に協力します。

アスルクラロ沼津

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、プロサッカー選手のコンディションを生理心理学的データから読み取り、選手個々に応じたコンディショニング・プログラムの開発を目指し、科学的に支援します。

 

 

CREATIVE LABO株式会社

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、サッカー選手の認知機能の特徴について明らかにするため、サッカーの競技特性を考慮した認知機能の検証プログラムの開発とその効果について検討します。

株式会社アイズ・カンパニー

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、スポーツウェアと色彩心理学を関連付けた調査研究を行っており、本研究では着用するスポーツウェアの色の印象と性格特性との関係について検討します。

インターリハ株式会社

日本体育大学スポーツ心理学研究室は、エルゴメーター運動による効率的な運動負荷・運動パターンの開発を目指し、エルゴメーター運動中の心理状態を心理指標と生理指標から評価します。

EAST Ethiopian Athlete Support Team

 日本体育大学スポーツ心理学研究室は、エチオピアの陸上競技選手・指導者を応援するため、EAST(Ethiopian Athlete Support Team)の事業を開始しました。特に、この事業では2020東京オリンピック・パラリンピックに出場するエチオピア代表チームの競技力向上と実力発揮を目指し、科学的に支援します。